トラベル

THE ST. REGIS OSAKA

少し前になりますが、当時のSPGアメックス(現:マリオットボンヴォイアメックス)の無料宿泊特典を最大限に活かすべく、特典で選べる中で最高ランク(オフシーズン時のカテゴリー7)のセントレジス大阪に宿泊してきました。

セントレジス大阪は、マリオットグループの中で、リッツカールトンなども含まれる「ラグジュアリー」ブランドの1つになります。日本には、セントレジスは大阪にしかなく、あまり馴染みがないかもしれません。2010年の開業で、比較的新しいホテルです。

無料宿泊特典を利用したので、予約できたのはデラックスの2ダブルだったのですが、ゴールドエリートの特典のおかげか、グランドデラックスにアップグレードしていただきました。立地的に街中にあるホテルなので、景色も良いです。

お風呂の横にも景色を眺めることができます。景色が良いからか、子供たちは大はしゃぎしていました。

子供がまだ小さいのと、コロナ禍ということもあり、ホテル宿泊時の食事はインルームダイニングをお願いしています。子連れの場合、一度、部屋で食べる「気軽さ」を味わってしまうと、なかなかレストランには行かなくなってしまいました。

オーダーはホテルのメニューに合わせての注文になりますが、最近のブームはハンバーガーを注文することだったりします。マクドナルドの10倍ぐらいの値段にはなりますが、贅沢を味わいに行くための旅行なので気にしないことにします。

他にも色々注文していますが、生ハム系のメニューがあると選んでしまうことが多いです。

インルームダイニングの場合、気軽さももちろんおすすめなのですが、飲み物を持ち込むことができるので、レストランで高いアルコールを注文しなくても良い・・・という金銭面でのメリットもあります。

デザートについては、せっかくのホテル宿泊ということもあり、ホテルに併設のショップで購入しました。部屋番号を伝えると、会計を部屋づけにしてくれたり、後から届けてくれたりします。

ちなみに、セントレジスの売りの1つとして、「バトラーサービス」というものがあり、色々な対応をしてくれるようです。その1つとして、ドリンクサービスがあり、ウェルカムドリンクやデザートの時にも飲み物を無料で用意してくれるので非常にありがたかったです。ただ、それ以外にお願いすることがなかったので、なんか勿体無い感じもしました。

無料宿泊だったので、朝食は有料で追加しました。洋食を選択し、卵料理は創業者の名前にちなんだアスターベネディクト(エッグベネディクト)にしてみました。セントレジスの名物メニューのようです。

ゴールドエリート特典のレイトチェックアウト(14時まで)もあるので、昼食はショップのパンを購入して部屋でいただきました。(もちろんドリンクサービスもお願いしました)ぎりぎりまでホテルステイを満喫します。

ちなみに、セントレジス大阪に、車で行く場合、バレーサービス(鍵と車を預けると代わりに駐車してくれる)の利用が必須になります。出発の際には、車を出してもらうのに時間がかかるのと、値段も高くなるので、あまり使い勝手は良くなかったのですが、駐車場が狭いと(推定)、仕方がないのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました